気持ちを逆算して考えるカスタマージャーニー
学び,

気持ちを逆算して考えるカスタマージャーニー

新しい企画やアイデアを考える時何から始めますか?

「○○社向けに売上を上げる企画を考えてください」
「新規営業をかけて売上を作ってください」

など上司の方から指令があり、それを基に会社ができること持っていったり、
何はともわれすぐにお客さんのところに行って問題はなんですか?など聞いてしまってはいないですよね?

日本では問題解決はもう解決することが少なすぎて、
「もう他社で間に合ってるよ」と言われてしまうことも少なくありません。

これからは、「こんなことが必要になるんじゃないか?」「こんな生活が楽しいんじゃないか?」と
問題を定義することが必要です。

かと言ってアップルのように大きなイノベーションを生み出すのには資金も足りません。

そこで必要になってくることが、カスタマージャーニーです。
カスタマージャーニーとは、お客さんが購入(リピート)に至るまでの行動や感情を逆算し、
そこに対してのアイデアや対応策を見える化させた、社内みんなで共有のできる戦略MAPのことです
ジャーニーとは旅のことでゴールに向かって旅のように導くことから名前が付けられています。

これらのことは良く言われることですが、
徹底してできている企業はとても少ないです。そう!作っただけになりがちです。

強みや弱みを分析するSWOT分析はわかりやすいですが、
実際に行動に移された方は非常に少ないと思います。

その点カスタマージャーニーはアイデアや対応策を考え見える化し
みなさんで共有するので実行の確立がとても高いです。

弊社では根本から一緒に考え、このMAPに
WEBとリアルのデザイン、企画やアイデアをかけ合わせて、
お客様の望むゴールに導いていきます。

とちょっと営業的になってしまいましたが、とにかく戦略7割で考えて行動あるのみ!

LAGOONのこと,
今日からインターンシップに来ました!
LAGOONのこと,
☆ ありがとうございました ☆
LAGOONのこと,
☆ ありがとうございました ☆