第6回 有形資産 無形資産

2020.07.15 category- 学び

第6回

「有形資産 無形資産」

これからのビジネストレンドは有形資産から無形資産へ移行すると淺野は考えます。

これは今回のコロナパンデミックに伴って発生するパラダイムシフトが加速させます。

そこで、無形資産を知ることから始め、これまでの有形資産評価ビジネスから、企業が他の企業との差別化戦略(高付加価値企業)の要となる【無形資産の構築】をスタート&加速させるべきではないでしょうか?

 

そこで 無形資産とは 何?

 

無形資産の種類

●知的財産 イノベーション資産・・・ 特許 認可 商標

        ブランド関係資産・・・・・暖簾 販促企画 

        商品企画・開発 & デザイン力

●プロセス資産 ・・・・ブランドビジネスの構築

●バリューチェーン・・・サプライチェーン 

●組織資産・・・・・・・WEB &情報ネットワークシステム

●人的資産・・・・・・・教育システムを含む

●リスクマネジメント資産(+CSR CSV SDGs)

 

対して これまで重要であった(これからも力が無くなるわけでは有りませんが)

有形資産とは

土地の価値・・・日本企業価値の根本 金融担保価値

機械 工場・・・文明型企業には必須 最初の投資対象

となります。

 

有形資産 無形資産をまとめると

*1

製品は工場で生産される

先進国では工業化時代が終わり(プロダクトアウト)

生活者優先の多様な価値、嗜好へ。(マーケットインから パーソナルインへ)

その対応にはブランド・デザイン的価値の創造が欠かせません。

 

言い換えますと

工場で生産される製品を生活者の有用な商品にするためには商品は《無形資産の複合提案である》と言えます。生活者(最終消費者)はどのように「豊かさを感じ」「面白い!」感動!を求めると同時に「他と異なる 自分」など自己表現 存在価値を大切にします。 

人は絶えず新しいものを求めている。

そして、人は忘れ 飽きる。

 

よって、

無形資産は社内・外への絶え間ない投資が必要です。広告 宣伝などの顧客訴求です。

 

現在 有名な無形資産企業はGAFA=Google Apple Facebook Amazon)ここに見られる共通点は固定資産比率が極端に少ない。

このように、ブランドや独自の運営システムなどを活動の中心の資産価値で高い株価(直接投資)を維持しています。

商品は工場を持たない製造業になることも可能で(ファブレス・マニファクチャリング)=価値観創造システムの構築・・・知のネットワーク構築を優先させます。

まさに、人的資源の構築が要です。

 

その人的資源構築の手法は二種類。(人的資源の構築 関係資産構築)

●直接的関係資産・・・顧客 生活者との関係・・・ 商品とブランド

             サプライチェーン 供給外部関係・・・価値創造連鎖

             社員との関係・・・ 内部生産性効率

 

●間接的関係資産・・・二次的なもので 評判&評価 イメージ 

構築には 人間の 知覚 認識 嗜好 理解 など

文化&精神性 感性 知的水準 価値観を基礎とする。

となります。

 

淺野健一のプロフィール

CONTACT

仕事のご依頼・取材依頼・お問い合わせはこちらから

電話ボタン



個人情報の取り扱いについて

個人情報保護方針
個人情報の取扱いについて
プランニングオフィス・ラグーン有限会社(以下、弊社)は、個人情報保護への対応は重大な社会的責任と認識し、弊社の事業活動をおこなう上での最重要事項と位置づけております。

お客様情報の収集について
弊社が個人情報を収集する場合は、事前に利用目的を開示した上で、事業活動上必要な範囲に限定して収集いたします。

お客様情報の利用、提供について
弊社が個人情報を収集する場合は、事前に開示した利用目的の範囲内で、利用いたします。

お客様情報の管理について
弊社は、お客様にご提供いただいた個人情報について、不正アクセス、または、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等のリスクを防止するために合理的な安全対策に努めます。

お客様情報の正確性の確保について
弊社は、常に個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

お客様情報の取得方法について
弊社は、不正な手段によりお客様情報を取得しません。

個人情報の消去について
弊社は、お客様本人またはその代理人から当該個人情報の、内容の消去の申出があった場合には、お客様の求めに応じて、ただちに消去いたします。

法令順守について
個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。

継続的改善について
弊社は、本方針について定期的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

本方針は、全社員に周知させ、社員各自の教育、啓発に努めるとともに、個人情報保護意識の高揚を図ります。プライバシーポリシー収集のする個人情報
本webサイトでは以下の内容で個人情報をお預かりしております。

個人情報の開示
当社は、原則として、ご提供いただいた個人情報を提携委託先以外の第三者に開示することはありません。

プライバシーポリシーの継続的改善
弊社は、プライバシーポリシーについて定期的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

個人情報に関するお問合せ窓口
----------------------------------------
プランニングオフィス・ラグーン有限会社

〒451-0042
愛知県名古屋市西区那古野町2丁目14-1 なごのキャンパス3-1号室

代表取締役社長 淺野一平
----------------------------------------

個人情報の取扱いについて上記をご確認をうえ、
チェックを入れてください。