ブランドを持つ7つの効果

おはようございます!

明日から韓国楽しみの、淺野です。

 

前回、ブランディングは【プロセス】、ブランドは【結果】という話を書かせていただきました。

結局ブランドと言うと、「なんとなくいいものだよなー」とか、「ルイヴィトン」とか、敷居が高く、なんだかわからないがいいもの、と思っている方が多いように見受けられます。

また、「ブランドなくても自分が好きなもの買うし」と思っているそこのあなた。じつはその選んで買っている商品、それ商品ブランディングされてますよー!

 

では、ブランドを持つと、何がいいのでしょうか?

それは、一言で言うと【いろんなものごとが集まってくる!】です

下図は会社、個人のブランドについての7つのメリットです。

①お客様は、来てくれるようになり

②お客様との関係は、長期的でリピート、さらには良いお客さんを紹介までしてくれる

③人口減少で採用に困っているなかで、人が働きたいと来てくれる

④広告費は少しの投資で大きなリターン。PRさせてと来てくれる

⑤情報はみなさん知ってるようで知らないもの。良い情報が集まり、企業間でのコラボもしやすくなります

⑥仕事ももちろん長期的

⑦お金の考え方はすべて投資。コストやリスクを考えるより未来的

 

もちろんブランドを創っていくときは、お金や時間が出ていく過程があります。しかし、戦略的に行っている企業が中小企業ではなかなか見つからないのも事実です。

 

かくゆう弊社もブランディングの真っ最中。

私たちの想いを発信し、正しく知ってもらい、覚えてもらい、好きになってもらい、体験してもらい、忘れられないようにしていかなければなりません。

次回は、ブランディングのステップについてお話させていただきます。

 

 

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)