アンゾフのマトリクス ラグーンver

2020.09.16 category- 学び

 

新規事業を行うときに何から始めますか?

 

もちろん会社の向かう方向性である

ミッションやビジョンに沿って考えることは当然ながら、

ある程度考え方としての方向性は欲しいと思いませんか?

 

 

そこで今回は、経営学者アンゾフさんが考えた

成長のためのマトリクスを

ラグーンバージョンにして公開いたします。

 

 

営業と商品の関係を、既存と新規に分けた4象限の図が基本となっておりますが、

時代が多様化する中でもう少し詳細に9象限になっております。

 

右下に行くほど難易度が高まるので、すでに資源があって新しいことをしたい会社にはお勧めですが、基本的には左上に近いほど実現可能性は近くなります。

 

ただし競合も多くなるのが特徴のため、売るものではなく、売り方。つまりコンテンツを戦略を基に情報発信し続けていくことが大切です!!!

 

参考になれば幸いです!

 

エースホテル京都!と(THISIS)SHIZEN

2020.07.01 category- トレンド 学び

 

ACE HOTELご存知でしょうか?

エースホテルは1999年シアトルに誕生し、北米とヨーロッパ9都市にホテルを展開しています。

 

私はここのファンで、ロンドン、NY、ロスには泊まらせていただきました。

一階はコワーキングスペース的に地域のクリエイティブな方々が集い、夜になるとルーフトップでコミュニケーションする。

そんな文化的な体験が忘れられず、海外に行くと必ずエースホテルがあれば行くように、できれば泊まるようにしています。

 

そんなエースホテルがついに日本に!

コロナの影響でOPENが4月から6月になってしまいましたが早速行ってきました!

 

感じたポイント2つ

1.ACE、内装かっこいい!

2.商業施設とのコラボがおもしろい そのなかでも (THISIS)SHIZEN が超感動

 

です!

 

では1から!

 

設計は隈研吾さん!

THE隈研吾と言う感じでした。

アップサイクルなアートはさすがエース

 

 

中でも内装が最高すぎました。

 

日本の伝統技術と、ACEが必ず指定するロスのデザイナー集団Commune designがかかわることでACE感がいい感じに融合。

https://www.communedesign.com/portfolio/hospitality/ace-hotel-kyoto

 

内装の日本の伝統を活用した作り(左官技術や和紙の活用)はかなり感動しました。

 

左官技術の表現と和紙のコラボレーション。

 

トイレの標識も藍染めや、組木細工

 

レストランはメキシコをベースにしたおしゃれタコスバーとルーフトップのレストランです。オーダーはQRコードでスマホからチェック!紙の無駄排除できますね。

 

 

 

 

 

 

 

ルーフトップは曇ってたからかあんまりでしたが日本であれを体験できるのは嬉しいです!

 

ランチ1500円で安い。日本の物価の安さを認識しました。海外は最低倍します。

 

 

2.商業施設とのコラボがおもしろい そのなかでも (THISIS)SHIZEN が超感動

 

 

商業施設と合わせているというのは新しい取り組みと考えていて、特にその中でも(THISIS)SHIZENというところが最高すぎました。

 

http://thisisshizen.jp/about

 

 

アートと植物と酒というありそうでなかった、できそうで出来なかった最高のお店でした。

 

アートは、名和 晃平さん

 

植物も200万円の木があったり、感性の塊で、2万円の木が安く感じ、買っちゃおうかなと(笑)

 

お酒パートを、提供しているオーナーとお話をさせていただいたのですが元々ウナギパイファクトリーの総責任者で、それに飽きて京都で出汁のお店を始めたというすごく面白い人でした。

スタッフも気さくでフラットでいい方ばかり。

フラッと飲むには最高でした。

 

南禅寺harada というお店です。次回京都に行ったときは絶対に行きます。

 

文明から文化に

役に立つから意味があるに

を体験できる素晴らしい場所でした!

 

 

ユニクロ原宿店から学ぶ【文明から文化へ】

2020.06.17 category- 学び

 

6月5日にOPENした、ユニクロ原宿店に行ってきました。

 

最近のユニクロといえば

ライフウェアをコンセプトに

生活に寄り添った

便利という文明的な

問題解決型の究極をほぼ実現させていますが

 

原宿店を見て思ったことは

 

文明から文化へシフトさせている

 

ということ。

 

文化とは「意味」があることと思っています。

 

 

文明から文化へのポイントを6つにまとめました。

私の一押しは5つめです!

 

ではスタートします!

 

 

文明から文化へポイント①

チラシに赤文字がロゴ以外ほぼない!!!

 

 

いつもは「990円」!と社長自らがチェックするほど力を入れている、赤文字チラシの面影なし!

値段で勝負はしてますが、あえて隠している!

 

文明から文化へポイント②

お花を売っている

 

生活を豊かに彩る「自然」を

ライフスタイルに取り込みましょうという

【提案】

 

昔、野菜の販売をしていたこともあるユニクロですが

そのときは野菜自体を売ろうとしていた感があることと

さすがに服屋では衛生的にどうなの?という空気感があった失敗を上手に生かしています

 

 

文明から文化へポイント③

アートを地産地消で

 

アートを取り込むことは前からチャレンジしていたユニクロ

日本を代表するアーティストとのコラボレーションは圧巻です。

その中でも原宿というカルチャーを取り入れる姿勢は

地域で運営されている小売店さんも真似できそうですね。

 

 

 

文明から文化へポイント④

Tシャツのマスカスタム

ユニクロのコラボTシャツはすごくいいなとおもいつつ、

被ってしまうという問題が・・・

 

それを少しでも解決する手段い近づくのが

UT me

自分だけのデザインが店頭で体験できます。

お店に行く意味を創るという

リテールテイメントにもつながりますね

 

 

 

 

文明から文化へポイント⑤

本の販売

 

私的には一番これがポイント高い。

 

ただ本を売っているだけではなく、

本の持つストーリーを商品と連動させることで

虎の威を借る狐状態にもっていっている

 

例えば下記

 

 

ジーンズの横に、ジーンズのアーカーブ資料の本がおいてあります。

これは、この本の「歴史的背景を周到して商品作りましたよー」と代弁させている。

 

そして、さらに・・・

 

地球にも優しい作り方して、アップデートしてるよ!

と店頭で語っています。

 

他には、アイビーの本を持たせたり

 

ポパイの元編集長と作った原宿のおしゃれスポットを紹介する冊子があったりします。

あえて紙で提案する数々のツールもレベルが高すぎです。。。圧倒的。。。。

 

 

文明から文化へポイント⑥

原宿カルチャーの発信

 

動画でお店できないのが残念ですが一番奥が巨大スクリーンで

スケーターの方のインタビューや、イメージムービーが展開。

原宿で活躍する人々の背景が解説されています。

 

そしてSPOTYFYとのコラボ。音楽の背景も活用しています。

以上5つにまとめさせていただきました。

いかがでしたでしょうか。

 

 

あとはポイントは2点

 

1.サスティナブルにはやはり力を入れています。

 

 

エスモードさんとのコラボ 実験的商品の展示

 

 

 

CSR活動の紹介 展示会みたいです。

 

 

2.スタイルヒント アプリと店頭の連動

 

自分の持っている雑誌などからのお気に入りスタイルをアップすると

ユニクロの類似商品を検索してくれます。

問題解決の極み!

 

 

戦いを略す、すなわち、戦わない選択、どこで戦うべきなのかを考えるのが戦略の本質。

 

真の意味でユニクロと戦わない勇気。

今までのやり方にとらわれている場合じゃないと

改めて感じました。

7日間ブックカバーチャレンジ

2020.06.03 category- トレンド

7日間ブックカバーチャレンジとは…
・読書文化の普及に貢献するためのチャレンジです。
・参加方法は、好きな本を1日1冊、7日間投稿するというもの。
本についての説明なしに表紙だけの画像をアップする。

という企画で、家にいるからこそ、本を読む文化を普及させようという企画
チェーンメールみたいですが面白い企画で参加させていただきました!

1冊目 「想像する未来」
2016初版の本です。
海外のファッションのビジネスモデルがたくさん紹介されており、
今まさに日本で普及していることが書かれていることはもちろん、
ファッションの本質にも切り込む良書

 

2冊目 「アイデアの作り方」
既存の要素×既存の要素
これはずっと変わらない
よくアイデアパクられた。とかネガティブなこと聞くけど実行しない方が悪い。
先にやれるイニシアチブがあったのにやらなかった自分が悪い

 

3冊目 「自分が欲しいものだけ創る!」
主観による共感の拡散がわかりやすく書かれています!
スマイルズさん、大ファンなので!
檸檬ホテルおすすめです。

 

4冊目 「コンセプトのつくりかた」
玉樹真一郎
元任天堂のwii開発リーダーのとっておきの話が詰まってます!
私がメイドインジャパンプロジェクトで初めて大型セミナーを担当させて頂いた時の講師さんです。
この時関われば関わるほど自身の学びに繋がることが判明。
NPOはボランティア活動?メリットは?とか言われることもあるけど好きなんだからいいじゃん!
好きを通じて学びになることほど幸せなことはない。

 

5冊目 「カスタマージャーニーワークショップ」
届けたい相手への情報の見える化をしたい方にピッタリです!
この本で学んだのは情報に触れた時のの感情起伏に注目すること。
やっぱりこれがないといくらペルソナだとか言っても客観的に考えられない。
主観が大事な前提での客観で考える。
自分がその立場だったらぜひお金出したいか?で
商品サービスを作るための基礎が学べます!

 

6冊目 「高橋宣行さん」
企画書は手描き一枚
オリジナルシンキング
企画書を作ることが仕事柄よくあります。その基礎をこの二冊で叩き込んだ。
今みたいにとりあえず気になったら本買うというスタイルではなかったので一冊を読み込むスタイルで何十回と読んだ。
今思えば良書は何回も読んでるのでたくさん発見があった本なんだろうなぁ

 

7冊目 「だれかに話したくなる小さな会社」
ブランディングの本は大量に読みました!その中での一押しがこちら!
だれかに話したくなる小さな会社
90年代に発行されたとは思えない本質的な分かりやすさ
90分で読めるのでぜひ

私のインスタに画像アップしてますので
もしよければご覧ください!

フォローもおまちしてます!

 

淺野一平インスタグラム

コロナ後のファッションはどう変わるか?

2020.05.25 category- 学び

ファッションについての予測を立ててみました。

ポイントは
1. マスク込みのファッション
2. エフォートレス(肩ひじ張らない)スタイル
3. 買うべき理由探し

 

1.マスク込みのファッション
先端ブランドがマスク込みのスタイリング提案をしている。
素材のバリエーションが様々で、飛沫防止がメインです
ベルトと靴の色を合わせるとまとまって見える。と言われるように
マスクも紙の色やメイクとどう合わせるかなど提案が広がる
冬には暖か素材で、あたらしい「かわいい」が多様化

 

 

2.エフォートレス(肩ひじ張らない)スタイル
実際に弊社もテレワークに移行し、
ZOOM会議をしたり、PCに向かう時間が増えたり、
自宅でのオンオフの区別がつかないことでのストレスが、
身体への負担にも変わっております。

・ワンサイズ上の服を選ぶがオンオフ切られるアイテムが売れる
・ストレッチ性のあるアイテム、ディテールがあるアイテムを身に着ける
・肌触りの良いアイテムですこしでも快適に過ごす
・抗菌など守るをキーワードにした機能

 

 

3.買うべき理由探し
ゴミになってしまう短命な服はいらないとなってしまう。

やっぱりファッションの素晴らしいところは
見た目を変化させることでのポジティブな変化

 

 

 

先日モード学園で学生20人程に向けてZOOM授業をしました。
ファッションの好きなところ
を皆さんに答えてもらったのですが
・好きを表現できる。自由に雰囲気が変えられる
・言葉を超える一瞬で相手がほぼ理解できる
・正解がないのがまたいい
など、原点を思い出させてくれる言葉がたくさん出ました。

作り手の想いや背景を見せていくことで共感をベースにした
心の健康を促進するウェルビーイング的なやさしい服が増えそう

ある意味で哲学的になる。

1. 服を売っています
2. 服で稼いでいます
3. ファッションって楽しい!新しい自分に出会い人生を豊かにするお手伝いをしてます

どれも服に関わることですがあなたならだれから買いたいでしょうか?

何を買うか から 誰から買うか
モノを売る から 価値を創る

価値を創るとは 営業で言うと提案!

提案は比較されるので、顧客視点で競合と違うということを明確にしていきましょう!

こちらちょっと昔のブログになりますが【顧客視点】の参考になれば幸いです。

気持ちを逆算して考えるカスタマージャーニー

隙間時間の情報収集術

2020.04.20 category- トレンド

最近の情報収集にvoicyという音声アプリを使っています。
車の移動でも聞けますし、再生速度もはやくできるので重宝してます。

主にはキングコングのニシノアキヒロさんのコンテンツを聴いております。
ニシノさんはマーケティングのことをたとえ話で分かりやすく教えています。

例えば今はコロナについての洞察が多いのですが

船長「前に氷山があるから右にカジを切れ」
船員「イエッサー」

コロナ時代ではここに、
船長「あ、右にカジ切ったけど氷山現れたから左にカジ切れ」
船員「・・・」

この状態で、船員が「さっき右と言ったばかりじゃないですか。いやです」と言ったら船は沈んでしまいます。

そりゃそうですよね。ということなのですが、今このくらいのことが世界で起こっています。

大自然と戦うという意味では農業も一緒で、普段口にしている食に改めて感謝。
作ってくれている農家さんに大感謝した内容でした。

 

ほかにも、なごのキャンパスのピッチイベントにも来て下さったマイクロソフトの澤さん、
イケハヤさん、はあちゅうさんなど個性的な面々が揃っており飽き来ないです。

ぜひ隙間時間にご活用ください!
URLはこちら

いいものとは

2020.04.02 category- 学び

前回の「本物と偽物の境界線」の続きです!

いいものとは、

価値のあるもの

価値とは、なにかしらプラスになるもの

ということは、自分目線で考えると、自己実現に近づけるか判断できるもの
(自己実現してるひとは他己実現→社会活動、SDGsなど)

価値は比較して判断される

キッカケの条件は
見つけた時になにかしら自分に反応があり、関係性を維持したいと行動してしまうもの

何故反応するか?は今の自分に必要か、もしくは、面白いなと感じるから。

面白いと感じるのは、発見と共感

発見レベルを高めるには好奇心
好奇心は理想の自分を埋めるための本能だとおもう
アートは考えるキッカケで好奇心のレベルを高めることができる

 

人は自分に共感してくれる人を常に探している

それは、自己実現は一人ではできないから。

その第一歩目が共感だと思う。

 

共感してもらうためには発見してもらわなければならない。
これはどちらかというと必要の部分になる。

これは、私には意味のあるものだ。と思ってもらえるのが、いいもの

ひとは生きるために今より良くなりたいと願っている

共感した後は関係性が継続しないと自己実現はできない。

だから、買う。(行動する)そして、買い続ける。人に話す。

マスク。いま必要なので見つけたら目に入りますよね。

必要性は社会情勢によって簡単に変わるし、
コスパがいいか?が判断基準。もちろん売れます。

マスク いいもの と感じましたか?
ちょっと違うような気がします。

 

コーヒー屋さんでコーヒーを選ぶ時
1.席座って人と話すのが目的だからなんでもいい
2.これが飲みたい!!!
では全然違う

 

必要なものは相手目線で考える。

意味のあるものは、車で言うとフェラーリとか、ミニとか。
走れるけどすごい高い。でも、かっこいい。かっこいい自分になれる。
という自己実現への体験を買う。

 

ここからがブランディングのはなしで、
意味のあるものにも、知ってもらうために発見してもらう必要がある
だからブランディング(ブランドを作るための活動。ブランドは結果)いるんだなと

 

いいブランドは、発信側が持って欲しいイメージを、相手とどれだけ一致させることができるか?

 

だから相手をしっかり定める必要があるし、やりたいこと、
価値があるに共感してもらう仕組みがいる。
品質はあたりまえに良くないといけない(必要性)
そして、意味を感じてもらえることが大事
意味を感じてもらうには、さっきの共感からスタートしていく。

 

目的が一致すると(もしくは発見によって一致させると)、
共感して行動に代わり、それがお買い物という応援に進化し、かかわり続けたい!
という意思がこれからのお金の使い方になると結論付けました。
(もちろんいいもの安くは残ります)

5年後のファッションビジネスに向けてのキーワードまとめ

2020.01.25 category- トレンド

2020以降のファッションマーケット(前編・後編)に続き
これからのファッションビジネスの
キーワードについて箇条書きで再考察したいと思います。

ファッション業界以外の小売りに関わる方も
参考になるのでわからない用語はグーグル先生に!

・オンライン&オフラインを連動して、購入体験をデザインする!
→ショールーミング、WEBルーミングのシームレスな連動)

・店に行く意味を創る(リテールメント…ショップエクスペリエンス)
→5感を刺激する、生身の人間的コミュニケーション
商品を選び、購入という行為
(EC化率は17年度で主要海外国15~30% 日本は6%程)

・CtoC&リセール市場(Renemeなども)の躍進

・多様化&増々進むパーソナライゼーション(マスカスタム)
→109の館内調査では昨今好きなブランドは?の質問に「ない」1位

・売り手と買い手の情報格差がなくなっている
→レコメンデーションは継続

・値下げをしないブランド続出
ファクトリエ、鎌倉シャツ、ミナペルホネン、マザーハウス、スタバ…
各ブランドの共通点はつくる人へのリスペクトがすごい&それを伝える努力
日本の服、48%は買われずにすてられているというデータがあります

・・・ミナペルホネン(スカイツリーの制服デザインもした方)の展覧会が
東京都現代美術館で行われています。すばらしい展示ですのでぜひ!

・DtoC(ダイレクトtoコンシューマー)の継続
→SPAのECバージョン。
ECを中心にコミュニケーションをコンシューマー(エンドユーザー)と
ダイレクトに行い、共感消費で高リピートで商売を展開

おまとめとしては、
日本人はとてもおしゃれです。
雑誌の種類の細かさ、商品の多様性はグローバルで戦える武器です。

なごのキャンパスへ引越しします!

2019.10.27 category- 会社のこと

 

淺野一平です。

 

タイトル通りですが、プランニングオフィス・ラグーン有限会社は約30年いた太洋ビルから、名駅に新しくできる「なごのキャンパス」へ引っ越しをします!

 

なごのキャンパスは、旧那古野小学校(私のおばあちゃんの母校)が廃校になり、再活用してベンチャー企業などを支援する施設となりました。

 

引っ越しの一番の理由は直感でビビッと来たから!

あとは、我々は変化を与え続けられるチームでいたいということもあり、

その為には自らも変化し続けなければならないと考えました。

 

これからできることをもっと模索し、ラグーンが世の中にもっと貢献できるためにはを追求できる環境に身を置けるとなると、ドキドキしています。

 

ちなみに、まだまだ引っ越し準備は完了しておりません。

そのため、10月28日から、10月31日は引っ越しの関係でお仕事がストップしてしまいます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

少しだけ公開です!!!

 

校長室、職員室はおきゃれなワークスペースに。

イベントもできますよー!

 

 

体育館はそのまま活用!!!

運動会もできちゃう?!

 

 

完成したらぜひ遊びに来てくださいねー!!!

 

4種類の情報 相関図

2019.07.12 category- 学び

 

 

情報とは「心を動かす知らせ」と定義しました。

 

 

ブランドを創っていくためには様々な情報をかけ合わせて、想いやキーワードを絞り込んでいく必要があります。

 

 

この情報には4種類あることを知っていただくのが今回のテーマです。

 

 

 

1つめは、定性情報

 

これは主観で、かっこいいとか、かわいいとか人によって違う情報のことですね。

 

 

2つめは、定量情報

 

これは誰でも論理的に判断できる納得できる、数値化できる情報のことです。

 

 

そして3つめは、直接情報

 

これは、自分自身が体感したことにより得た情報のことです。

 

 

最後の4つめが、間接情報

 

これは、誰かの体験を通じて得た情報のことで、Newsやブログなどがそうですね。

 

これらの4つを組み合わせると以下のような相関図になります。

 

それぞれのメリット、デメリットは見ていただいた通りです。

 

私は左上の直接×定性情報の質をどれだけ高められるかが、これからの仕事を創っていくことにつながると感じます。

 

これらのことをどうしたら効率よく質を高められるかを次回お伝えします!

 

CONTACT

仕事のご依頼・取材依頼・お問い合わせはこちらから

電話ボタン



個人情報の取り扱いについて

個人情報保護方針
個人情報の取扱いについて
プランニングオフィス・ラグーン有限会社(以下、弊社)は、個人情報保護への対応は重大な社会的責任と認識し、弊社の事業活動をおこなう上での最重要事項と位置づけております。

お客様情報の収集について
弊社が個人情報を収集する場合は、事前に利用目的を開示した上で、事業活動上必要な範囲に限定して収集いたします。

お客様情報の利用、提供について
弊社が個人情報を収集する場合は、事前に開示した利用目的の範囲内で、利用いたします。

お客様情報の管理について
弊社は、お客様にご提供いただいた個人情報について、不正アクセス、または、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等のリスクを防止するために合理的な安全対策に努めます。

お客様情報の正確性の確保について
弊社は、常に個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

お客様情報の取得方法について
弊社は、不正な手段によりお客様情報を取得しません。

個人情報の消去について
弊社は、お客様本人またはその代理人から当該個人情報の、内容の消去の申出があった場合には、お客様の求めに応じて、ただちに消去いたします。

法令順守について
個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。

継続的改善について
弊社は、本方針について定期的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

本方針は、全社員に周知させ、社員各自の教育、啓発に努めるとともに、個人情報保護意識の高揚を図ります。プライバシーポリシー収集のする個人情報
本webサイトでは以下の内容で個人情報をお預かりしております。

個人情報の開示
当社は、原則として、ご提供いただいた個人情報を提携委託先以外の第三者に開示することはありません。

プライバシーポリシーの継続的改善
弊社は、プライバシーポリシーについて定期的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

個人情報に関するお問合せ窓口
----------------------------------------
プランニングオフィス・ラグーン有限会社

〒451-0042
愛知県名古屋市西区那古野町2丁目14-1 なごのキャンパス3-1号室

代表取締役社長 淺野一平
----------------------------------------

個人情報の取扱いについて上記をご確認をうえ、
チェックを入れてください。