第8回『クリエイター育成セミナー』のご案内

2020.09.03 category- 学び

第8回

『クリエイター育成セミナー』のご案

 

小さくても強い【中小企業】に必要なキーマンはクリエイターをテーマに 

9月12日土曜日13時から 【なごのキャンパス】にて行います。

 

 

①クリエイターに必要な マーケティング

②「技」の表現力

③営業力『伝える企画』『伝わるデザイン』

 

この背景にあります、経産省特許庁の【デザイン経営】宣言活動の解説も交えて

現在のコロナ後の構造転換に個人も企業も備えなければなりません。

 

お忙しいと思いますが どうぞご参加をよろしくお願いいたします。

 

注)三密を避けなければならいこの時期、最新の注意を払って開催いたします。

 


 

セミナーへのお申込み方法は、メールになります。

・会社名(部署名)

・お名前

・電話番号

・E-mail 

をご記載いただき、下記のアドレスへお申込みをお願いいたします。

E-mail:asano@lagoon.co.jp

 

その他、ご不明点等ございましたらお問い合わせくださいませ。

 


 

淺野健一のプロフィール

繊研新聞に掲載されました

2020.08.06 category- 会社のこと

「繊研新聞に掲載されました」

 

8月5日の繊研新聞一面に

私、淺野 健一の思い

『名古屋のデザイナーの地位向上目指して新事業』が掲載されました。

 

30年前 東京から名古屋に戻って来てから、感じていたこと。

『ファッションデザイナーの給与、地位が低すぎる!』

それは

デザイナー、クリエイターの採用側企業が

ビジネスにおけるデザイン力の重要性の認識が足りない!

デザイナー、クリエイターもビジネス知識・知恵の習得も足りない。(私は両方)

ここ新型コロナウィズの時代、この名古屋地区に必要なビジネスモデルは

生活者を【物質的に豊かにする】ことでは無く、心豊かにする、文化的な産業への移行です。

 

それは

有形資産経営から無形資産経営への移行でもあります。

 

新聞に掲載いただき、

改めて 『このことへの行動!』を心に誓いました。

まずは 来月9月12日のセミナーへ向けた準備に全力を尽くします。

 

どうぞ よろしくお願いいたします。

第7回 イノベーションはコラボから

2020.08.03 category- 学び

第7回

イノベーションはコラボから」

 

経産省からの『デザイン経営』宣言

でも提唱されている【ブランドとイノベーション】

 

経産省 特許庁 2018年5月「デザイン経営」宣言より

 

『デザインに投資した会社がしない会社の4倍の利益』を上げています。

この経営手法をコロナパンデミックの影響で加速させる必要があります。

そこで、私のおすすめが 企業間コラボで新規開拓による時間短縮戦略です。

 

まずはお見合い。

この時、結婚のイメージではなく同棲的なイメージ。

結婚の時のような、戸籍など法的なバックボーンで保障されるのではなく、

共通の目的が認識できているか、相性がか、目的が共有したうえで役割がお互いに自覚できるか?

壁は低くありませんが『新しいことを‼』への想い・情熱がその壁を乗り切る エネルギーです。

 

目的を明確にしてどの様にお互いに詰め寄るか。

この時 双方のことを深く理解する必要があります。

 

【取り組みと取引】の差をしっかり認識したうえで、個人・企業ともにスキルを明確にしておくことが必要です。

その時 メリット・デメリットも最初に出しておきます。

 

中小企業は個人とも比較的、取り組みやすいと思います。

特に既存事業部やスタッフ(人)とのすみわけ。既存との差別化のためも 段階で期間を切ってのプロジェクト化することが大切です。

(撤退の基準、方法も事前に決めましょう)

 

スタッフも終身雇用を前提としたメンバーシップ型ではなく、JOB型取り組み(雇用の場合も)も可能。  出向の場合は本部に戻れる手配も忘れずに!

むしろ、このJOB型取り組みが有効かと思われます。

 

 

まずは トップによる 『ビジネス同棲見合い』を始めましょう。

これしてみたい人 ハーフリタイヤの淺野に声をかけてください。

お見合いzizii(翁) しますよ!

 

 

淺野健一プロフィール

第6回 有形資産 無形資産

2020.07.15 category- 学び

第6回

「有形資産 無形資産」

これからのビジネストレンドは有形資産から無形資産へ移行すると淺野は考えます。

これは今回のコロナパンデミックに伴って発生するパラダイムシフトが加速させます。

そこで、無形資産を知ることから始め、これまでの有形資産評価ビジネスから、企業が他の企業との差別化戦略(高付加価値企業)の要となる【無形資産の構築】をスタート&加速させるべきではないでしょうか?

 

そこで 無形資産とは 何?

 

無形資産の種類

●知的財産 イノベーション資産・・・ 特許 認可 商標

        ブランド関係資産・・・・・暖簾 販促企画 

        商品企画・開発 & デザイン力

●プロセス資産 ・・・・ブランドビジネスの構築

●バリューチェーン・・・サプライチェーン 

●組織資産・・・・・・・WEB &情報ネットワークシステム

●人的資産・・・・・・・教育システムを含む

●リスクマネジメント資産(+CSR CSV SDGs)

 

対して これまで重要であった(これからも力が無くなるわけでは有りませんが)

有形資産とは

土地の価値・・・日本企業価値の根本 金融担保価値

機械 工場・・・文明型企業には必須 最初の投資対象

となります。

 

有形資産 無形資産をまとめると

*1

製品は工場で生産される

先進国では工業化時代が終わり(プロダクトアウト)

生活者優先の多様な価値、嗜好へ。(マーケットインから パーソナルインへ)

その対応にはブランド・デザイン的価値の創造が欠かせません。

 

言い換えますと

工場で生産される製品を生活者の有用な商品にするためには商品は《無形資産の複合提案である》と言えます。生活者(最終消費者)はどのように「豊かさを感じ」「面白い!」感動!を求めると同時に「他と異なる 自分」など自己表現 存在価値を大切にします。 

人は絶えず新しいものを求めている。

そして、人は忘れ 飽きる。

 

よって、

無形資産は社内・外への絶え間ない投資が必要です。広告 宣伝などの顧客訴求です。

 

現在 有名な無形資産企業はGAFA=Google Apple Facebook Amazon)ここに見られる共通点は固定資産比率が極端に少ない。

このように、ブランドや独自の運営システムなどを活動の中心の資産価値で高い株価(直接投資)を維持しています。

商品は工場を持たない製造業になることも可能で(ファブレス・マニファクチャリング)=価値観創造システムの構築・・・知のネットワーク構築を優先させます。

まさに、人的資源の構築が要です。

 

その人的資源構築の手法は二種類。(人的資源の構築 関係資産構築)

●直接的関係資産・・・顧客 生活者との関係・・・ 商品とブランド

             サプライチェーン 供給外部関係・・・価値創造連鎖

             社員との関係・・・ 内部生産性効率

 

●間接的関係資産・・・二次的なもので 評判&評価 イメージ 

構築には 人間の 知覚 認識 嗜好 理解 など

文化&精神性 感性 知的水準 価値観を基礎とする。

となります。

 

淺野健一のプロフィール

第5回 「デザイン経営」が益々重要に!

2020.06.01 category- 学び

第5回

「デザイン経営」が益々重要に!

 

新コロナパンデミックアフターにはこの「デザイン経営」の概念を取り入れ、改善ではなく《改革》への着手が必要です。

 

もうすでにご存じの方も多いと思いますが、これは経産省・特許庁が2018年5月に提唱されました産業競争⼒とデザインを考える研究会からのレポートです。

ここにはロンドンの例でデザインに投資した会社は《利益で4倍 株価は2.1倍 成長率は2倍》と出ています。

 

イノベーションとブランドの要でも有ります。そして、『日本はまだまだ!』とも。

私の考えでは 大企業はすでにいろいろな手立てが打てていますが、中手企業にはその概念をも持たない企業が多いようです。差別化・独自化が必須なこれからの企業(概念は起業かも)はまずはトライ!もう、考えている時間は無くなりました。

数年前までの中国のように『トライ&エラー』の心意気が必要です。

まずは【デザイン経営をするぞ!宣言】。次にシンボルとなる、『場&時間』を決定します。

それは企画室(コーナーでも)の設定と定例でミーティングと会議をスケジュールを決めてしまいます。その場、時間を『弊社のデザイン経営=イノベーションとブランディグ』のテーマで議論を始めましょう。

 

この新コロナパンデミックアフターは過去の延長に未来は無いと思った方が良いいでしょう。

もう、お気づきとおもいますが・・・・

 

淺野健一のプロフィール

第4回 クリエイティブディレクターの仕事『再定義』

2020.05.12 category- 学び

第4回

クリエイティブディレクターの仕事『再定義』

 

今回のパンデミックアフターのビジネスを支えるためにデザイナーは一歩ステップアップしなくてはなりません。予想されるこの大きな荒波をのり越えるためにはCEOの強い意志と行動が重要なことは間違いありません。これに加え、モノ・コトがすでに飽和している日本社会では、これからの生活者、企にふさわしい、【新スタイル】を提案していく必要があります。DEOが必要となってまいります。DEOとはDesign Executive officerのことで、感性的側面・デザイン思考的側面を提唱する経営責任者の必要性です。

その活動は

①情報収集

時代の旬を捉える、センス的な情報(定性情報)に加えて、価格、流通、用途・機能などロジック的情報(定量情報)

 

②分析に加えて、選択と集中。

この上記二つの質の異なる情報から、現在の問題を抽出しテーマを絞り込みます。この時、今のアフターコロナの新社会に対応するために、これまでのデザイン思考からアート思考への移行も視野に入れる必要があります。

 

③『伝える企画』と『伝わるデザイン』

社内・外の関係者に伝えるためにその方向性のイメージを視覚化します。また、キャッチコピーやスローガンなど言語化も重要です。『伝える企画』はビジネス顧客へのメッセージだけではなく、共に業務を遂行する外部クリエイタースタッフ達との共有化もこれから、ますます重要となります。このことを背景に『伝わるデザイン』が実行されます。この伝わるデザインを理解し、発展させるのがDEOの重要な役目となります。

 

④実行の継続は反復とは異なる。

DEOは進行を俯瞰して見守ります。

継続のためのエネルギーを常に抽入します。

継続は同じことを繰り返す、反復ではありません。

常に【新】の要素が求められます。

ここが重要なDEO活動になります。そこに【新】があるか?

【ニュートンのゆりかご】

 

⑤PDCA

この活動が感性を意識した上昇スパイラルを創り上げます。この時、外部のパートナークリエイター達の存在も大きな力となります。

 

⑥育て育てられ・・・共育!

デザイナーはその域を超えて、クリエイティブディレクターやアートディレクターの概念を持ち、そこを目指し、その後のDEO活動へと知識&知恵力の拡大が必要となります。

そう、DEOには【マーケティング力】が必要となってきます。

 

次回5回は、【まだまだ重要な『デザイン経営』】をテーマに中小企業のオーナーへ、これからのクリエイター活躍できる環境整備について、語りたいと思います。

 

《 雑記 》

2020のゴールデンウィークは講義の新資料作りに明け暮れました(進行形ですが・・・)それは、①遠隔授業になっていることと、②これからの(つまりアフターパンデミック後に活動する)現役学生に『これまでの延長に未来は無いと思いなさい』を挿入するためです。

『これまでの何か』を置き換えるのではなく、新しい価値観、意味、物語の創出が必須になると考えます。DEOの前にディレクターの必要が今の免疫防護機器不足と同じように思えて仕方がありません。

これって、私だけ?

 

淺野健一のプロフィール

第3回 企画室運営のために

2020.05.01 category- 学び

第3回

企画室 運営のために

 

効果的な運営のポイントは三つ ①情 ②継続 ③環境

 

①『情』 中小企業での企画室を運営の最初のポイント

➊情熱 ⇒ 熱い心

❷情報 ⇒ 心を動かす 知らせ

❸信情 ⇒ 正しい!と信じる心(淺野の造語)*1

 

第一に ➊情熱 ⇒ リーダーの熱い心、が必要です。

企画室を作るには構造改革が必要となります。

これが下請けから脱することを意味します。企画室ではリーダーの熱い思いを共有し、行動に移すシンボルとしての《場》を意味します。

そこで行うプロジェクト要員はすべて社員ではなくても良く、外部のクリエイター、技術者などの専門家と共に進める場合も多くあります。ただし、その中心となる《シンボリックな場》が必要です。テレワークが進む今、外部スタッフと共に進める創造の場のバーチャルカンパニー形態は多様を図っていくと考えられますが、五感を駆使して特に視覚的な刺激に反応する、《人》は最終決断には担当者全員集まれ議論ができる《リアルな場》が必要です。

外部クリエイターにも新しい、商品やサービスの表面を加工しただけのお化粧的デザインを任せたりすることではありません。

私は五感の次にある、リーダーの第六感(勘)を信じます。

 

第二に ❷情報 ⇒ 人の情(心)を動かす報(知)らせ。

では、心を動かさない知らせは何と呼ぶでしょう。それはデーターです。

インターネットの驚異的な発展は知識や客観的なデーターを比較的簡単に入手できるようになってまいりました。この入手した情報を役に立てるように加工し、活用しなくてはなりません。すでに便利な《文明的なモノ》があふれる日本市場で、次に求められ生活者の心を捉えるには、これまの客観的な定量情報を基準とした事業開発や商品開発から、楽しく自分の心を豊かにできる《文化的なモノ・コト・時・空間》です。

それは、定性情報を中心とした『こだわりや物語への共感』を大切にした事業開発や差別化された商品開発=ブランディング戦略が重要となります。

つまり、今 進行中の新コロナパンデミックの後に生き残り、発展する中小企業はこの定量情報活用への転換をも意味します。

 

第三に ❸信情 ⇒ 正しい!と信じる心 

ですから、主観で客観ではありません!

これから開発される商品・サービスは上記のように《文化的な商品》はリーダーの主観が必須です。中小企業だからこそできる《とんがり、こだわり》です。思い、志、目的、コンセプトと呼ばれることもあります。

このこだわりの心《情》を視覚的に表現し、社内・外のスタッフにはそのすべき本質を語る義務があります。お客様とその関係者様(関係人口市場=支持者?)には《思いを物語にして》伝え、共有しなくてはなりません。

何度も何度もこのことを伝えます。お経のように!

*1 信情・・・淺野の造語・・・直訳は『信じる知らせ』信条と人情から。

   信条とは心の中にある思いや感情。個人的な信仰の意味も含まれます。

また、人情とは人の自然な心の動き。

 

①『継続』とは同じことを繰り返す、反復とは全く異なります。

常にPDCA を回します。その時、各パートが共有できる《ガントチャート》の作成と活用がシンプルで有効です。進捗の区切りに《小さな成功》を確認し、自身を励まします。そう、小さな区切り=時間を決めることが大切です。そして、チームに遂行のプロセスを社内に定着させます。(習慣化)

基本は①無関心期⇒②関心期⇒③準備期⇒④実行時⇒⑤維持期の5つのステージで次へのステップアップを支援していきます。事業開発、ブランド開発は長期のスパンで展望することが必要で、私の経験では目が出るのが3~5年かかることが多いので、そこが一つの目安となるでしょう。

注 商品開発はこの限りではありません。

 

②『環境』は良いアイディアが出るための、言い換えるならば、知的生産性がどのような時に高く、集中力が増すか?時間帯は午前が良く(私の経験的にも)物理的に天井は高く、自然光が入り、植物が人に与える影響も大きいと言われます。が、実は社内より、社外にその環境を置く方が良く、また、『良いアイディアは他人からやってくる』とも言われます。質の異なる仲間とのコミュニケーションを生む環境をどう作っていくかもポイントです。

社内と社外の設置では2倍の差が出るようです。

 

まとめますと、⑴どこで ⑵だれと ⑶どの様に議論&トレーニングをして⑷続ける仕組み(習慣)を作っていくか。と言うことになります。

最低 月に一回はリラックスした環境でアイディアミーティングを開き、

2週間後位に正式な『企画会議』を開催し決定事項(暫定も含み)の確認、共有できる環境の整備と運営が新ビジネス開発の勝敗を決定します。

 

《 雑記 》

情報のデジタル化が進んだ昨今ですが、本や雑誌、新聞など活字が視覚的に目に飛び込んでくる環境の方が知的生産性が上がる気がするのは私だけでしょうか?

下記はスウェーデンのストックホルム市の図書館で、またヘルシンキの映画『かもめ食堂』に出てくる本屋さんアカデミア書店も素敵です。

見やすい、探しやすい効率的な日本の図書館や本屋さんとの空間演出の違いは一体なぜだろう?

 

【 ストックホルム市図書館 】

 

【 ヘルシンキ アカデミア書店 】

 

淺野健一のプロフィール

 

第2回 企画室って、何をしますか?

2020.04.30 category- 学び

第2回

企画室って、何をしますか?

 

企画室は①提案力と ②人を鍛えます。

企画室は『アイディア』を出し『企画』に変え、実践するために『計画』を立て、推進させる①提案力を鍛えます。

また、《室》では個人ではなく、多人数で考え行動し、その過程と集団という環境での相乗効果で②人=プレイヤーを鍛えます。

『脳』を使い、手足や口、耳、目を駆使するところです。

仕事をこなす『ワーカー』から仕事を楽しむ『プレイヤー達』の誕生です。

 

ここで行われるミーティング&会議にて多くの情報が全社員の共有の財産となり、効率の良い営業を可能とします。若い営業マンへのOJTの役割も果たします。

情報ミーティングにて集められた 商品・パンフレット・製作した見本、本、資料など様々な情報は、一箇所に集められ、全社員が活用できるようにします。

ここを『企画室』と呼び、この『情報ミーティング』でアイディアを出し、後に『企画会議』と呼ばれ、売り上げを管理する営業会議と別に、『新』『感動の創造の場』、生活者に潤いある提案ができる環境を設けます。

 

つまり、『企画室』は情報を集中的に取り扱う場所で、その情報とは心(情)を動かす知らせ(報)です。人の心を動かす企業が、今の時代、そして次の時代にも求め続けられます。

新コロナパンデミック後の世界は根性と努力で戦える時代は終わり、ビジネスゲームに勝つための【強い設備=企画室】と【武器=企画書】が必要です。

そこでは

①新しい、ビジネスプラットホームを創造し

②【新】【感動】を提案できる企画書が不可欠で

③プレゼンテーション(商談ではなく)を行えるように準備いたします。

『独自性』を生み育てるための『企画室』=知的生産工場の構築とその運営でもあります。

 

企画にはデザイナーなどスペシャリスト人財がかかわる

⑴ 生産企画 ⑵ 商品企画 ⑶ 販売企画 ⑷ 販売促進企画と

CEOなどのゼネラリストがかかわる、⑸ 経営企画の合計5つの企画があります。

そして、この活動が『企業・商品のブランド化』へ発展します。

 

《 雑記 》

『企画書』を使う『人』プレイヤーは、ビジネスゲームの武器=企画書を磨き、戦い方を考えます。

『その武器(企画書)は自分で『自分の身の丈』に合わせて作った物が一番使いやすいはずです。また、自分のポジション、筋力などに合わせた道具(野球でいう、グローブ)を自身での制作か、または専門職人に(デザイナーなど)オーダーします。

プロのプレイヤーはその使い方経験が充分ありますが、その上を望むとき一部の天才以外は(イチロー選手のような)客観的に指導できるコーチがいたほうが成果は上がるでしょう。

 

淺野健一のプロフィール

第1回 皆さんはじめまして。

2020.04.24 category- 学び

第1回

皆さん はじめまして。

 

この度、プランニングオフィス・ラグーンに新設いたしました、企画室構築事業部 事業部長の淺野健一です。

昔々、レナウンと言う、その頃日本一大きなファッション企業で原宿やミラノにてデザイン活動を。

そして、約30年前の平成元年に名古屋・代官町にて、企画・デザイン会社を起ち上げ、日本や、中国(沿岸部)にてファッションブランドの創設や育成、文化的ビジネスの講演やコンサルティングをしてまいりました。

 

 

今回の新コロナパンデミックは私にとって3回目のパラダイムシフト。

90年始めの不動産バブルの崩壊の前後の体験が最初。

二回目はリーマンショック、そして今回の新コロナパンデミック。この負のインパクトは過去にない、大きさ、速さ、深さの三拍子です。

これに加えて、少子高齢化、新グローバル化の加速(現代的鎖国の開始か?)SDGs、5G、AI など変革インフラも整ってきました。

 

生活者はその生き方、働き方、時の活用など価値観を大きく変化(二極化への加速)させます。

その変化に合わせて、ビジネスのあり様も激変が予想されます。

これまで長年、問題の解決のために【デザイン思考】にて仕事を進めてきました私ですが、この根本も【アート思考】へ変換する時が来たようです。

 

このブログはこれから起こる、巨大なパラダイムシフトを生き抜き、勝ち残るための①中小企業のオーナーの皆様へ【研究室・開発室】ではなく【企画室】の設置とその運営。

また、そこで活動される②『クリエイターの皆様へ、次への仕事の示唆』をこのブログから、少しでもご提案させていただければと思っております。

【企画室の設置とその運営】が勝敗を決定する主戦場となると考えております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

《 雑記 》

先日、非常勤講師をしております、大学や大学院から【来月から開始の今期の講義は『三密になる講義室を使わない遠隔講義で】の知らせが来ました。テレワーク講義のスタートです。

教育の現場も変わろうとしています。

そうです、日本のすべての仕組みが当事者の意識に関係なく、加速して変わっていくようでワクワク、致します。

 

野健一のプロフィール

企画室構築 事業部長 浅野健一プロフィール

2020.04.22 category- 学び

淺野 健一


KENICHI ASANO

 

 

プランニングオフィス・ラグーン 有限会社

企画室構築事業部 取締役事業部長

淺野 健一(1953年生)

 

東京・ミラノにて10年、名古屋にて30年、合計40年にわたり、商品&ブランド開発のコンサルティン&アウトソーシングをしてまいりました。この知識・知恵をの皆様と共有できることを望んでおります。

また、これまでの活動から多くのクリエイターとの人的交流(ネットワーク)に加えて、

『次の100年を育てる【なごのキャンパス】』に昨年から入所し、クリエイター人脈の拡大中。

 


名古屋学芸大学非常勤講師 ・アントレプレナー

同 大学院        ・ファッション造形特論 Ⅰ&Ⅱ

椙山女学園大学      ・VMD(視覚的商品計画)

名古屋モード学園     ・卒業作品審査員

 

インテリアコーディネーター(890697A)

繊維品質管理士      (70199)

エコピープル       (5-1-09190)

 

 

CONTACT

仕事のご依頼・取材依頼・お問い合わせはこちらから

電話ボタン



個人情報の取り扱いについて

個人情報保護方針
個人情報の取扱いについて
プランニングオフィス・ラグーン有限会社(以下、弊社)は、個人情報保護への対応は重大な社会的責任と認識し、弊社の事業活動をおこなう上での最重要事項と位置づけております。

お客様情報の収集について
弊社が個人情報を収集する場合は、事前に利用目的を開示した上で、事業活動上必要な範囲に限定して収集いたします。

お客様情報の利用、提供について
弊社が個人情報を収集する場合は、事前に開示した利用目的の範囲内で、利用いたします。

お客様情報の管理について
弊社は、お客様にご提供いただいた個人情報について、不正アクセス、または、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等のリスクを防止するために合理的な安全対策に努めます。

お客様情報の正確性の確保について
弊社は、常に個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

お客様情報の取得方法について
弊社は、不正な手段によりお客様情報を取得しません。

個人情報の消去について
弊社は、お客様本人またはその代理人から当該個人情報の、内容の消去の申出があった場合には、お客様の求めに応じて、ただちに消去いたします。

法令順守について
個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。

継続的改善について
弊社は、本方針について定期的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

本方針は、全社員に周知させ、社員各自の教育、啓発に努めるとともに、個人情報保護意識の高揚を図ります。プライバシーポリシー収集のする個人情報
本webサイトでは以下の内容で個人情報をお預かりしております。

個人情報の開示
当社は、原則として、ご提供いただいた個人情報を提携委託先以外の第三者に開示することはありません。

プライバシーポリシーの継続的改善
弊社は、プライバシーポリシーについて定期的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

個人情報に関するお問合せ窓口
----------------------------------------
プランニングオフィス・ラグーン有限会社

〒451-0042
愛知県名古屋市西区那古野町2丁目14-1 なごのキャンパス3-1号室

代表取締役社長 淺野一平
----------------------------------------

個人情報の取扱いについて上記をご確認をうえ、
チェックを入れてください。