月別アーカイブ: 2018年3月

2018年 ファッションマーケティングキーワード vol.5(最終回)

こんにちは。

ここ1週間ほどでグッと暖かくなり、
桜もきれいに咲き誇っていますね🌸

3月は少しバタついており、更新が久しぶりになってしまいました。
ファッションマーケティングキーワードレポートも最終回となりました。
5回に渡り、お読みになっていただきありがとうございました。

ーーーーーーーー

ファッションビジネスが急速なデジタル化に移行するとき、
8、マーケティング部門に必要な人財 が

① CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)です。数限りなく集まる、ビックデーター(定量情報)を扱える、デジタルスキルを持ち社内の各部門と縦断的に交渉できるゼネラリスト的キーマンです。

https://www.nikkei.com/article/DGXZZO57772840W3A720C1000000/

 

  • そして、ファッションビジネスのかかせない、感性管理職的キーマン、

FCD(ファッション・クリエイティブ・ディレクター)の存在も必要です。商品開発部門ではファッションデザイナーと新商品&デザイン開発にあたり、販売促進部門でも社内外のクリエイターと共に、センス情報(定性情報)を一括して扱います。これまで一般的に普及している、広告業界のクリエイティブディレクターは会社・ブランド・商品・サービスの効果的な広告の制作に従事しますが、FCDの活動は社内の各担当と密に連絡を取り合い(情報収集&発信活動)これまでの社内組織の枠を超えた、商品企画・ブランド構築&発信活動にあたります。

キーワードは『つなげて、伝える。伝えて、つながる』です。

つなげる活動は、川上からの新マテリアルや新生産基地の技術情報の収集から現場への落とし込みも重要です。

2018年の注目素材としては、セルロースナノファイバー、人工蜘蛛糸、ハイドロ銀チタンなどが上げられます。

また、衣服を利用したスマートウェアの存在も新商品開発には重要です。東洋紡 COCOMI

http://www.stc.toyobo.co.jp/wp2/cocomi02/
https://persol-tech-s.co.jp/i-engineer/technology/cocomi
(このスマート素材は福井大学名誉教授 堀 照夫先生が日本のキーマンです)

ファッション企業を推進させる、専門家の配置が新ビジネスシステム構築の先鋒となります。

 

9、2018年の小売店動向

ライザップ、ニトリ、ドン・キホーテなどがM&Aや自社ブランド開発により新たにこの厳しいファッションビジネスの業界に参入してきます。

迎え撃つ実店舗小売店のデパートでは、非効率な婦人売り場を編集しなおし、ライフスタイル提案型へ打って出るか、数年前から続くニトリやビックカメラなど大型テナントを導入してディベロッパー型を加速していくことでしょう。(17年開業のタカシマヤ ゲートモールや銀座シックス。18年は日本橋高島屋の地上7階地下一階の新館が開業予定)

名古屋の郊外型ではプライムツリー赤池がオープンし、長久手のIKEAの混雑もいまだに収まりません。18年は、ららぽーとが名古屋の南に、東海3県(愛知、三重、岐阜)で初めてオープンします。イオンモールは広島にこの春開店予定のアウトレット型が注目です。ECサイトが拡大

する中、顧客にどれだけ、エンターテイメント性と利便性を提供できるかの工夫と維持が重要となります。

地元ユニーもファミリーマートと一緒になり、その上ドン・キホーテとのコラボはびっくりしました。ディスカウントの力を借りて、いかに地元の人々に支持されるお店創りができるか今年が楽しみです。
10、注目すべき生活者

2017年の昨年発売された、河合雅司の『【未来の年表】人口減少 日本でこれから起きること』によると、今年は「75歳以上」の人口が「65歳から74歳」人口を上回り、「18歳以下」の人口が減り始める年です。内閣府生産年齢人口の減少 によっても、生産者人口は減り続けることは明確です

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/0125/shiryo_04-2-3.pdf

ファッションビジネスに限らず今の経済を維持、発展させるためには労働力の確保が緊急課題です。

日本のダイバーシティ化を推し進める中で女性の社会進出がひつようで、特に役員などの
●【女性キャリア】の少なさが指摘され、ファッションビジネス的にもこのマーケット拡大に注目する必要があります。

次にいつまでも元気な
●【団塊世代の新シニア+これからのシニア】は消費活動にも労働活動にも欠かせません。

ウェブ環境が生まれたときから標準装備の
●【ミレニアル世代】。
https://www.ogilvy.co.jp/whatsnew/2016/05/18/
ミレニアル世代にみる米国の社会思潮変化-経済/

 

自由に働ける環境を整え、新しい労働力確保とワークライフバランスの実践を背景とした、労働規則基準の改定を政府がすすめています。自分時間の活動を本業以外のビジネスに使う、

●【副業の拡大】が多様な働き方を進めていきます。

ここにも新しい文化=ファッションの芽が出てきそうです。

 

最後に2020年のオリンピック後の日本は

『団塊世代』の命名者、堺屋太一氏によると、人口減少に対応しながらも、経済の発展を続けるためには、街区黒人労働者の本格的な導入が始まり、また、【成熟した文化価値を創造できた日本の産業資源】を世界に拡大していかなければならないそうです。

私的には世界が注目する、マンガ・アニメ、現在進行中の和食ブームに続く、日本型ファッションビジネス拡大のチャンスと捉えます。

2018年 ファッションマーケティングキーワード vol.4

先日、vol.3でお伝えしておりましたセミナーを開催してきました。
セミナー終了後も色々とご質問していただき、
開催した甲斐があったと思っております。

今後もご意見、ご要望ウェルカムでございます。

ーーーーーーーー

モノの所有から利用への意識変化を見逃すことはできません。

6、Subscription(サブスクリプション)マーケティング 

簡単に言えば、リースやレンタルです。利用者はモノを買い取るのではなく、モノの利用権を借りて、利用した期間に応じて料金を支払う方式です。弊社では以前はパソコンのイラストレーターやフォトショップなどのソフトを購入していましたが、今はクラウドで年会費を払って借りています。新バージョンへの買い替えがなく、常に最新へ更新されています。キャノンのプリンターも毎月の使用料を払っています。まさに、所有ではなくライセンスによる活用です。個人の生活でも昔、レコードを買った時代があり、ついこの間まではCDやDVDを蔦屋さんで借りていました。今ではアマゾンプライムでダウンロードして安価に視聴しています。部屋に存在するCDやDVDは昔のモノばかりです。この借りる方式はソフトばかりではなく、自転車、車やファッションへも波及していきます。

➀ レディースファッションではエアークローゼット。

https://www.air-closet.com/home/

② メンズビジネスウェアーではレナウンでもこの春から、ビジネスウェアーのレンタルサービス「着ルダケ」を、新ブランド「レナウンインスティンクト」で開始します。

https://senken.co.jp/posts/renown-rental-service

この時、ビジネス思考の中心は購入していただくために『お客様をレジへ』ではなく、購入後(ライセンス契約後)の『お客様とのつながり』に重点が置かれます。

【顧客とつながった状態をどのように維持、拡大させるか】です。

ですから、広告ではなく、コミュニケーションへの移行でもあります。

このような事を背景に既存ファッションビジネスの一方的な拡大競争から抜け出し、経営のバランス感覚による【市場身の丈経営】または、【新市場創造】へ舵を切る

 

7、ファッションビジネス再編時代への移行 です。

移行先への想定されるコンセプトは2つ。顧客の持つ【問題を解決し、納得のできる価格と品質の服】と【着ることを楽しむ、文化的ファッション】の2方向と考えます。(ここでのファッションは単にアパレルに限定できません)

前者の
問題を解決する、ソリューション型(Solution)服は個人の生活を快適にする服として、ユニクロはLife Wearのコンセプトで日常服を納得価格で提供し、ZARAでは流行を安価に買うことが出来ます。ユニクロの『この価格でこの品質』やZARAの『このファッションがこの価格』の【納得がいく買い物】です。このことを実行するためには上記RFIDを活用する、大規模なSPAの仕組みが必要です。

 

中小企業が参加できる仕組みとしては、生活者が身近に感じ、参加できる

社会的問題解決型ファッションの展開です。人や地球にオーガニックコットンの採用や公平な取引を担保したフェアトレードを人々は意識し、人や地球にやさしい消費のスタイルを積極的に加速させます。これらのビジネスモデルは大規模な投資をしなくても可能です。言い換えると、CSR(企業の社会貢献活動)から、社会貢献をビジネス戦略として積極的に活用する、CSV(新しい価値の創造と共有)戦略の採用です。

 

一方、ドキドキ・ワクワクを創造、感動を生み出す

② エモーション型(Emotion)ファッション。ルイヴィトンやグッチのようなハイエンドで憧れのラグジュアリーブランド。作家・アーティストの想いを表現した作品を商品へ。伝統、拘り、匠、作り手の想い、物語のあるブランド創造と発信が小さいけれど深い(人々の心を捉える)新たな市場を創って行きます。

新しい強敵、プロシューマー(CtoC)が力をつけてきています。

未来学者アルビン・トフラーが1980年に提唱した概念で、生産者 (producer) と消費者 (consumer) を組み合わせた造語です。一般生活者が自分の作品を展示&販売します。現在のネットインフラの販売するサイト『ミンネ』『クリーマ』を活用し拡大し続けています。

 

生活者自身の参加ではもっと気軽にできる、
https://www.creema.jp/

https://minne.com/

オーダーメイド感覚商品も 拡大しています。仮縫い付きのフルオーダーから、簡易なサイズオーダー(ユニクロはパーフェクトでスーツとシャツを展開し、オンワードHDは「カシヤマ ザ・スマートテーラー」は一週間で納品できるシステムを開発しました。採寸は自宅やオフィスヘプロが出張して行い、配送は真空パックで圧縮して送るそうです。)

 

⑤ 極めつけはZOZOSUITの展開です。顧客情報の身体情報をメーカーが持つことで今後、様々な展開(プロモーション)が考えられます。

私もこの年末にユニクロのオーダーメイド感覚のビジネススーツを制作してみました。出来上がり

後のサイズ補正にも無料で快く対応してくださいました。デザインなど不満が無いわけではありませんが2万円強の価格である程度体に沿って服の出来栄えには納得しています。そして今、昨年末に依頼したZOZOSUITの到着を持っております。ちょっとワクワク感が有ります。

ZOZOSUIT https://dbcvl1zt8w2b8.cloudfront.net/zozosuit/movie-1.mp4

もちろん、スーツだけではなく、各アイテムに広がりを見せ、靴はファムゾン(http://famzon-int.com/)が、完売の状況です。今後はスマホ動画を活用してサイズ計測も展開予定だそうです。

 

続く…