月別アーカイブ: 2016年10月

チャンスを掴むときには それなりの服を。  

≪やる気 情熱 思いやり 教養 常識≫ って
服や靴・バックなど持ち物や着こなし身のこなしに出ますよね。

女も男も
お客様 仕事場 同僚さんに 意外と見られています。
類は類を呼ぶといいます。
これからの仕事が出来るチームは
常に多方面からの情報収集能力も高く、
単に担当業務だけでなく、
文化度も高くなっていきます。
発展の見込めるチーム(会社)は
それなりの服装になって行きます。

そして
会社内にお洒落さんがいると
皆も順にお洒落さんになって行きます。
特に社長自身!
会社のリーダーがお洒落さんの時
その企業の文化度が上がって行きます。

ファッションは侮れません。

やっぱり 見た目って 大切ですよね。

私 還暦を過ぎて思います。

ここまできて思うことは

人の見た目と人の運命

幸運のひっぱり度は

連動していそうな気がしています。

 

服を選び、姿勢を正すことは

人生を選び、人生を創るコトと同じかも?

 

blog_photo

 

映画 ≪鉄の女 サチャー≫に出てきたセリフ

年老いたサッチャーと精神科医との会話で

引退した サッチャー元首相

『今の時代の問題点は

人々の関心は【どう感じるか】

で【何を考えるか】ではないこと。

【考え アイディア】こそが、面白い』

と。

 

そこで精神科医はサッチャーに聞きます

『何を考えていますか?』

 

サッチャー元首相が答える

『考え』が『言葉』になる

その『言葉』が『行動』になり

その『行動』がやがて『習慣』となる。

『習慣』がその人の『人格』となり

その『人格』がその人の『運命』となる。

『考え こそが 人間を創る』

 

『考え』を『言葉』に出すこと、と

『服を選び、姿勢を正す』見た目の表現は

≪考えが人生を創る≫と同じくらい

≪服は人生を創る≫かもね。

ブログはじめました

こんにちは。
プランニングオフィス・ラグーンの代表をもう、28年もやっております。
平成元年2月3日に創業し、平成4年の5月6日に会社にしました。

その前は東京の原宿で、またその時ミラノでデザイン活動もしておりました。
ファッションが着飾る事を指した時代です。

その後、ファッションの概念は暮らす事、住まうことと変貌を遂げました。
そのプロセスと弊社のその時の仕事を振り返りながら

【ファッションって何?】

を綴って行きたいと思います。

どうぞ よろしくお願いいたします。