会社とは

こんばんわ!

本日も突然ですが、

【会社】とはなんでしょうか?

 

コトバンクによると、会社法により設立された,営利を目的とする社団法人。

資本の結合,労力の補充,危険の分散をはかることを目的として発達した制度。

 

とあります。制度だったのですね。

 

 

 

しかし、私が考える会社のイメージは少し違います。

 

 

私は【樹】のようなものと考えています。

会社が成長するには、人が成長する必要があります。

自分たちの器以上の実を提供することはできません。

 

それぞれが正しく関わることが、樹を成長させる唯一の方法。

関わる人すべての幸せの実現が会社の存在目的にならなければならないと思っています。

 

図にするとこんな感じです。

 

 

それぞれの解説としては以下のような解釈でとらえております。

 

土 :内部環境。良い土で根がはぐくまれ成長につながります。教育、やりがい、生産性、

インフラ、良好な人間関係など。最近ではインナーブランディングと呼ばれます。

 

空 :外部環境。私たちではコントロールの効かない、政治、経済、市場、社会、技術

などのこと。外部環境の変化に適応する強靭な樹にならなければなりません

 

根元:会社の土台となる考えであるビジョンとミッション。根と幹に相互に影響を与えます

 

根 :会社の歴史や風土、哲学など見えにくいが大切な部分

 

幹 :何をして、何をしないかを決めPDCAを高速で回すことで年輪が増えていく

 

枝葉:みなさんの強みやアイデアが実の質を決めます

 

実 :商品、サービスのこと。質は当然。付加価値として、

独自性(他にない)、社会性(役に立つ)、経済性が必要(費用対効果)が必要

 

水、太陽:普段からあるが当たり前すぎて気づかない。

自ら情報収集できる環境、意識を作ることで栄養となり成長につながります。

 

芽 :新規事業。どんな商品、サービスもやがては衰退します。

時代と弊社の強みをかけ合わせ、既存事業として育てていく必要があります

 

経営者はこれらを的確に捉えて伝え、会社を継続維持発展させていくことが使命になります。

 

よく言われるのは、

戦略を考え、戦術を実行しましょう。といわれます。

しかし、経営者が実行する力、すなわち経営能力が備わっていないとそもそも戦略自体を間違ってしまうので、経営者自身がインプットとアウトプットを繰り返し成長し続けなければなりません。

 

と自分にも言い聞かせてこの文を書いております。

 

 

ブログはアウトプットすることでの自分の成長につなげることも一つの目的として運営しております。

次回もどうぞよろしくお願いします

2つの営業 【取り引き】と【取り組み】の違い

お疲れ様です。

 

今日はこちらでブログを書いています。

泊まれる本屋、LAPM&BOOK HOTEL NAGOYA

https://www.lamplightbookshotel.com/nagoya/

本やの存在が誰かさんのおかげで危ぶまれる中の新本屋さんです。

 

 

コーヒーもおいしく良心的な金額!

 

Tサイトが運営しているBOOK AND BEDよりはもう少しカフェとホテルは別な感じです

BOOK AND BEDはこちら

http://bookandbedtokyo.com/tokyo/index.html

 

丸善さんも深夜貸し切りをしたり、ますますサービス化が進んでいますね!

 

 

それでは本題です

営業してますか?!

してますよねー…

営業は好きですか?!

私は好きです。

 

 

営業には2つの種類があります。

一つは取り引き型

取り引きとは、検索すると、

一定条件下で合意の上で商品売買やサービスの提供、条件交渉などを行うこと

※weblio調べ

 

なんとなくわかりますね・・・

ポイントは条件交渉である、今あるものを提供するということです。

 

もう一つは、取り組み型

取り組みとは、

①その事に取り組むこと。 「流通問題への-が弱い」
組み合わせること。とり合わせること。

※weblio調べ

 

はい、わかりませんねー…

 

私の考える取り引き型と、取り組み型を分けるとこのようになるかと考えています

簡単に言うと

取り引き型・・・ニーズ型営業。問題点がはっきりしている。価格は競争。

取り組み型・・・ウォンツ型営業。問題点が見えない。一緒に共創。

 

同じ「キョウソウ」でも意味が全然違います。

 

取り引き型は他社と競争になりがちです。QCDで判断がしやすいです。

QCDとは、クオリティ(質)、コスト(価格)、デイ(時間)の頭文字をとってそう呼びます。

メリットは、誰でもわかりやすく売りやすい。すぐにお金に換えやすく、マニュアル化しやすいので新人が育ちやすい。市場がニッチであり、自社に独自性があれば最高です。

デメリットは、やはり価格競争。せっかく無理して受注しても、他社から下をくぐられたら乗り換えられてしまいます。負のスパイラルに入ってしまいます。

 

取り組み型は、問題を一緒に見つけ(特に提案側が)、売れる仕組みまで一緒に仮説を立て、まず信頼関係を築きます。

 

メリットは、高く、永く売れやすいこと。

粗利と、リピート率が改善されるので素晴らしいですよね。

 

しかしデメリットも当然あります。

まずは、仮説を立てるための知識、知恵が必要であること。これは一朝一夕では身につきません。(しかし、見つけられていないだけというパターンが多く存在します)

また成約までに時間がかかることが多いです。

そして、信頼が一度崩れると、周りにも波及し商売自体が成り立たなくなることもあります。

 

例えば、 【取り引き:取り組み】 の対比でみていくと、

 

・服を売る:おしゃれになれる仕組みを売る(パーソナルスタイリスト)

・ジムを貸す:体重が減る約束を売る(ライザップ)

・お茶を売る:健康を売る

・WEBサイトをつくる:WEBサイトで儲かる運用を売る

・電車で移動をする:旅を通じた思い出を売る(ななつ星)

・野菜を売る:生産者との想いや絆を売る(たべる通信)

などなどです。

 

あなたはこれからどちらの営業スタイルを目指しますか?

これからのマーケットの話をしよう

みなさんはこれからのマーケットがどうなっていくと思いますか?

弊社がお取り組みさせていただいているアパレル業界は、いまトレンドがなくなってきております。

では何に価値を見出しているかというと、以下のような図になります。

左側は納得型の価値感【ソリューション価値】

「いいものを、はやく、安く」。

QCDのすべてを満たし、誰もが納得できるお買い物体験になります。

吉野や「やすい、うまい、はやい」 みたいなものです。

事例として上げている、ユニクロや、DELLなんかもそうですね。

 

もう一方が、これからの中小企業に必要になってくる

【エモーション価値】です。

これは、特定の客に特定の価値を という限られた中での価値ではあるが、本人にとってはお金はいくらでも(限度はありますが)出してもいいと思えるほど欲しいものになります。

 

 

もう少し詳しく解説させていただくと、

同じコーラを売るときに比較した有名な図があります。

こちらです。

左側は、コーラを売ってます。

右側は、美味しく飲める価値を伝えてることで、自然と買ってしまっています。

 

工夫次第で、エモーション型にしていく。

これが必要になってきます。

次回は人間の感性について書きたいと思います。

アイデアを企画へ

 

最近はアイデア会議を立って行ったり、キャンプしながらしたりする会社もあるみたいですね。

 

 

さて、前回はアイデアについて書かせていただきました。

 

簡単に復習をすると、

アイデアとは、

・既存の要素×既存の要素でできている

・なにもなしに考えるとぶれるので、テーマの設定が必要

・企業の強み と 生活者の興味があること をベースにかけ合わせ要素を検討

・それをブラッシュアップしていく

 

そして、企画の元になるということをお話させていただきました。

 

今回は企画とは?を検証していきます。

企画という字を分解してみると、

企・・・くわだてること

画・・・絵にする (見える化)こと

 

絵にするというところは、デザインと同じですが、デザインは最終的に世の中に出ている状態(アウトプット、商品…)と定義し、企画はまだ世の中には出ていない状態で、社内や、チームに共有できる見える化と思っていただければいいかなと。

 

 

 

企画の元となるアイデアは、なかなか人に理解されにくい状態です。

そして、いいアイデアでも、実行できなければ意味はありません。

 

 

アイデアをわかりやすく、実行可能な形に見える化してあげることが企画です。

 

ではどのように見える化するかというと、

 

現状…市場(生活者やお客様)、競合、自社をベースに世の中

対策…目的・テーマ、ポジショニング、イメージの視覚化、商品アイデア、販促戦略、デザイン、将来の目標…など、目的に応じて伝えたいことをわかりやすく

効果…効果の仮説がなければチームで進めるべきか判断ができません。アクションプランで半年後、1年後、3年後、5年後などの感性と数字の目標設定を行うこともあります。

 

基本の形に企画書を作り、共有します。

きれいである必要はまったくありません。正しく伝わればOKです。(私たちはプロなのできれいにつくります)

 

企画の立ち位置を確認するための、クリエイティブなビジネスのPDCAを、簡単にまとめると以下のような流れになるのではないでしょうか。

 

①情報収集…マーケティングを含めた、正しい分析(ロジック)情報と、なぜ?に訴えかける感性(センス)情報を高い質で集める

②アイデア…情報を基に、組み合わせしてみる

③企画…アイデアを実行、チームで共有できるように、見える化

④計画…企画をマネジメントできるようにスケジュールを立てたり、役割を決めたり、見える化

⑤デザイン…アウトプット。人に触れる部分、見える化

⑥反省…①に戻るための共有を行う

 

 

本来は①の情報収集の前に、会社の理念であったり、成し遂げたいこと、夢、目的、会社があるべき理由などを整理すべきです。ここがぶれると情報収集も別の方向に行ってしまいますし、伝言ゲームのようにどんどんブレます。

理念の話になるととても長くなるので別の機会にいたします。

 

 

まとめてして、

企画とは、

・アイデアをわかりやすく、実行可能な形に見える化してあげること 

・企画にする前段階の、情報収集、アイデアの質を高める必要があること

 

世の中に受け入れられなかったり、感動がなければ、見える化したところで意味がありません。

自分の想いを形にし、価値を伝え続けられるクリエイティブなPDCAが世の中に広まれば、多様な生活者のライフスタイルを叶える企業が増え、世界、日本、ひいては故郷である名古屋をもっとワクワクする場所にできると信じています。

アイデアのつくりかた

 

お久しぶりです!

 

 

アイデアって聞くとどんなイメージを持たれますか?

 

「ひらめき!でしょ!」

「すごいひとしか考え付かないでしょー」

など思うかもしれませんね。

 

上司から「一週間で○○を売れるようにするアイディア考えといて!」と無茶ぶりされるかたもいるでしょう。

無理!からどうしても入ってしまいますよね。

しかし、考えれる人にならないとどんどんAIにかわってってしまいますよー・・・

 

そこで今回はどんな人でもアイディアを考えられる方法を紹介しようと思います

 

 

そもそも、アイデアってなんでしょうか?

 

 

アイデアのつくりかた という広告業界ならだれもが知っているであろうジェームスWヤングさん曰く

 

既存の要素 × 既存の要素

 

だそうです。

 

要するに、今あるもの同士をかけ合わせるってことですが、

たしかに異業種で交流をしていると、そっちの業界では当たり前のことが、

こちらでは当たり前でなかったりしています。

 

 

ただし、ただ単に既存の要素と既存の要素をかけ合わせるだけではアイデアはできません。

アイディアだして、といわれただけでは出ません

色々考えているつもりでもいつの間にか違うことを考えてしまい時間だけが過ぎたり、集中力が切れて違うことをして結局何も進んでいない…ということは良くあります。

 

 

 

そこで、まず 【テーマ】 を決めることが重要です。

 

なぜ?何のために?誰のために?が必須です。

 

アイディアがぶれにくく、かつ既存の要素をかけ合わせるための簡単な方法を紹介いたします。

これはモード学園の授業でも教えている方法なので誰でもできます!

 

 

手描きできたないですがこんな感じ!

 

まず、このアイディアを出すための目的を決めます。

今回は「オープンモールにファミリーを呼ぶための販促アイディア」ということにしました。

 

そして、左側には企業側の強みや、現状をなるべくたくさん書いていきます

さらに、右側には、来てほしいお客さんの好きそうなことを書いていきます。

 

これを掛け合わせることで強制的に、既存×既存を生み出し、

テーマからぶれることなくアイディアができるという寸法です。

 

では、そもそもなんでアイディアって必要なの?を開設するため次回はアイディアの重要性と、いいアイディアを作るためのインプットと仕組みについて書きます。

 

 

最後に、弊社の得意としているブランディングについての宣伝です。

 

ブランディング初心者のためのセミナーを名古屋商工会議所さんで行います。

弊社はお客さんの向かいたいイメージを一緒に創ったり、見える形にするデザインが得意です。そこの数字の計画を絡められれば、ブランドという無形資産(社長の夢)を素早く実現させることができるのではないか?と思い企画させていただきました。

 

どうぞご検討ください!

 

名古屋をブランディング、デザインで盛り上げていきます。

 

 

 

 

 

 

デザインを進める時の2つの情報

デザインは情報の視覚化というお話を前回させていただきました。

情報 とはウィキペディアで調べると、

  1. あるものごとの内容や事情についての知らせ[1]のこと。
  2. 文字・数字などの記号やシンボル媒体によって伝達され、受け手において、状況に対する知識をもたらしたり、適切な判断を助けたりするもの[1]のこと。
  3. 生体が働くために用いられている指令や信号[1]のこと。
  4. (情報理論(通信理論)での用法)価値判断を除いて、量的な存在としてとらえたそれ

よくわかりませんね。

私たちの考える情報とは、ある人にとっての心を動かす知らせです。

私たち人間はいろんなデータに囲まれて存在しています。

そのデータの中でも、ある人にとって心を動かすデータが情報なのではないかと考えています。

 

その情報には、自らの目や体験から得られる【直接情報】

本や映画など自らが体験したことではない他人の視点が入った【間接情報】

それぞれメリット、デメリットはありますが、これから大事なのは【直接情報】のレベルをいかにあげていけるかがカギになります。

なぜなら関節情報にはその人の都合が含まれていることが多々としてあるからです。自分の目で見て体感しないと本当の真実が見つけられないと私は中東に行ったときや、お客様と会っているときに実感しています。

中東はニュースで見ると危険な国ですが、実際に行ってみると優しい人ばかりで、怖い人はほんの一部。メディアの見方が変わりました。

お客様にあっているときは、メールで行っていた問題が本質ではなく、現場を体感することでひょんなことが解決の糸口になったりすることはよくあることです。

直接情報のレベルの上げ方は、【好奇心】です。いろんなことに興味があり楽しみながらアンテナを張っていると情報が集まってきます。

では好奇心はどうやったら出てくるかについては、私個人としては

【楽しもうと思わないと、楽しめない】 、【面白いから笑うのではなく、笑うから面白い】という心持なのかなと思ってます。

あとは、認めてもらえる存在がいるのもありがたいです。こんなこと考えてるんだけどどうかなー?こんなこと興味があるんだけどなんか知らない?と友人に聞くとほめてもらえたりするのも自分にとっては有効かと思ってます。

ようは考えを発信していくことが大事!発信すためには情報に敏感でないと恥かきますし(笑)

近未来には脳の仕組みが解明され、映画マトリックスのように脳に直接情報が書き込まれる時代が来るかと思うとぞっとしまています。

ではまた次回!

デザインの考え方

ブランディングの仕事をさせていただいていると、【デザイン】という言葉が良く出てきます。

皆さんイメージされるのはどんなデザインでしょうか?

自分にとってのデザインの捉え方はそれぞれ大きく違うかと思います。

服を扱っている人にとってのデザインは、色、素材、シルエット、ディテール・・・

食品を扱っている人にとっては、売るためのPOPやパッケージはもちろん、味やにおいまでもデザインと捉えているひともいるかもしれません。

 

語源を調べてみると”計画を記号に表す”という意味のラテン語『designare』デジナーレ
日本では図案・意匠などと訳され、単に表面を飾り立てることとされていた時もあったようです。

英語にすると【DESIGN】

〈分離・除去・降下・否定〉を意味する『de』と
〈印を付ける〉という意味の『sign』が
合わさって『de+sign』という言葉になっています。

デザインはさみしいからつけ足す、のでは引くといわれる由縁は本来の意味から考えていくと当てはまるようです。

 

アートとの違いもはっきりとさせたほうが心のもやもやは晴れるかもしれません。

私はアートは自己表現。デザインは目的に合わせた情報の視覚化と考えています。

ア-トは自己表現だからこそ、死んでしまってから評価されたり、大きな感動があったり、今までの自分を超えていけるような、考えるキッカケ、非日常での刺激と考えています。

 

デザインをしていく際の情報には、2種類あります。

これを次回のテーマにさせていただこうと思います。

ブランディングのステップ

こんにちは。

韓国から帰国の淺野です。ソウルだけくるくると回り、食と現代建築を堪能してきました。国立競技場問題にもあがった、ザハハディドさんの建築、デザインセンターは圧巻でしたし、サムスン美術館で見た体験型のアートにもとても刺激を受けました。

前回はブランディングの7つの効果として、ブランドを持つメリットをお伝えさせていただきました。ブランドを持つメリットは一言で表すといろんな物事が【引き寄せられる】ということでした。

さて、本日はブランディングのステップについて書きます。実際にブランドを創るには何をすればいいの?と聞かれることが多くあります。

単純に表すのであれば以下の3つです。

①強みの明確化

②ターゲットの決定

③ポジショニングの設定

以上の3つを整え、共有できる「言葉やビジュアルイメージ」にします。

人間は五感で認知する生き物なので、言葉だけではなくイメージにすることで、共有をしやすくします。

 

①強みの明確化

自社はお客様に何で喜ばれているか?これから何を売って喜んでいただき続けたいか?など、自社として、お客様にとって、競合から見て(3Cといいます)、主観と客観を併用して強みを明確にしていきます。

そんな強みなんてないよと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、自社の業界では当たり前のことでも、エンドユーザーにとっては価値のあるものであったり、視点を変えれば強みは必ず見つかります。

 

②ターゲットの決定

発見した強みを活かして、売り続けていきたい相手を設定します。これは、30代~40代の女性 と単純に設定してはいけません。

最低でも、雑誌VERYを読む32歳女性 くらいまでは絞りたいところです。

販促戦略に力を入れていくのであれば、ペルソナといって、個人の行動や年収家族構成、休日の動き方などすべてを明確にし、それに伴った仮説を企画や商品に落とし込んでいく手法もあります。こうすることでチームで仕事を行う際にも客観的に正しいのかを判断する基準となり、ぶれないささる提案が可能になります。

 

③ポジショニングの設定

NO.1のポジションをいかにつくるか?ということです。

例えば、

日本一高い山 といえば 富士山

日本一有名なお米 といえば コシヒカリ

のように、NO.1は記憶に残ります。

すでにあるNO.1を倒すことはなかなか難しいかと思いますが、

山であれば、初心者におすすめNO.1高尾山

米であれば、ねばりNO.1ねばりまさり

というように、NO.1を切り口にすることで覚えてもらえるようになります。

 

以上の3つに共通しているのは、【絞る】ということです。

中小企業は特にこの【絞る】ことで、利益を確保し、大手企業から独自化を図っていくことが第一歩になります。ランチェスター戦略という弱者が強者に勝つための戦略の一部です。詳しくはまた後日まとめてお伝えいたします。

※①、②、③は、考え方によって順番が変わることがありますが、まずは自社の現状をラグーンだしく把握するというところからスタートすると考えやすいので、今回は①を先頭にしております。

 

 

 

 

 

ブランドを持つ7つの効果

おはようございます!

明日から韓国楽しみの、淺野です。

 

前回、ブランディングは【プロセス】、ブランドは【結果】という話を書かせていただきました。

結局ブランドと言うと、「なんとなくいいものだよなー」とか、「ルイヴィトン」とか、敷居が高く、なんだかわからないがいいもの、と思っている方が多いように見受けられます。

また、「ブランドなくても自分が好きなもの買うし」と思っているそこのあなた。じつはその選んで買っている商品、それ商品ブランディングされてますよー!

 

では、ブランドを持つと、何がいいのでしょうか?

それは、一言で言うと【いろんなものごとが集まってくる!】です

下図は会社、個人のブランドについての7つのメリットです。

①お客様は、来てくれるようになり

②お客様との関係は、長期的でリピート、さらには良いお客さんを紹介までしてくれる

③人口減少で採用に困っているなかで、人が働きたいと来てくれる

④広告費は少しの投資で大きなリターン。PRさせてと来てくれる

⑤情報はみなさん知ってるようで知らないもの。良い情報が集まり、企業間でのコラボもしやすくなります

⑥仕事ももちろん長期的

⑦お金の考え方はすべて投資。コストやリスクを考えるより未来的

 

もちろんブランドを創っていくときは、お金や時間が出ていく過程があります。しかし、戦略的に行っている企業が中小企業ではなかなか見つからないのも事実です。

 

かくゆう弊社もブランディングの真っ最中。

私たちの想いを発信し、正しく知ってもらい、覚えてもらい、好きになってもらい、体験してもらい、忘れられないようにしていかなければなりません。

次回は、ブランディングのステップについてお話させていただきます。

 

 

保存

ブランディング

こんばんわ。インフルエンザで仕事が押し押しの淺野一平です。

今日はお客様に良く聞かれる【ブランディング】について書きます。

 

色々な解釈があるかと思いますが、私たちの考えるブランディングとは、

【企業の魅力を正しく伝える伝言ゲーム】のようなものだと思っています。

伝言ゲームって伝える人次第で全然違う風になってしまったり、逆にわかりやすく残ったりしますよね?

そのわかりやすく残す ということが 伝わっている状態。

 

商品を売っていきたいときに、いくら企業側が、これは『良いもの』だから売れる!と思っていても、受け取る相手にとって『良いもの』として伝わっていなければ、本当に良いものとは言えないのではないでしょうか?

それを『良いもの』として伝わるようにすることが【企画・デザイン】であると思っています。

branding

ブランディング というのは活動、プロセスで、

ブランド というのは結果です。

 

次回はブランドを持つと何がいいのかをお伝えしていきます。